記憶の家といえば冬?

とある方が、「冬になり記憶の家の季節ですね、
なんか記憶の家は冬って感じ。」と、言っていました。

なんとなく言いたいことがわかります。

春も夏も秋も、もちろんイイ。
冬は、庭の葉っぱは落ちてしまい、窓からの景色も少し寂しい。
相変わらずな新潟の灰色の空。
そんな中、障子を閉めて、薪ストーブで暖をとる。
薪ストーブで沸かしたお湯で珈琲を1杯。
表紙を気に入って買った雑誌を絨毯の上、ゴロゴロ読む。

そんな至福な時間が味わえる季節。

(これは去年のつらら)

雪が積もったら吹き抜けの窓から
眺める一面真っ白な風景も感動する。

冬の楽しみもたくさんあります。
ぜひ冬も遊びにいらしてください^^

お陰様で、今年はご紹介からご紹介なんて形で様々な方に
この記憶の家をWSの場として活用していただいたりしました。

ついに少し規模が膨らみマルシェという形で
建物全体を目一杯使い行います。

実は、それが次の日曜日。(12/18)

循環型社会へというconceptの『巡るマルシェ』

フリーマーケットだけでなく
お譲りマーケットまであります。

手作りコスメWSやワンコインフォトブース
体に優しいお菓子などなど。

私の強い希望でコンポストも展示してくれます。
生ゴミを肥料に変えれてエコ!素晴らしいです。

良ければ記憶の家で行われる
素敵なマルシェへぜひお越しください。

関連記事

  1. 【記憶の家の昼と夜】-吹抜編-

  2. 夏季休業のお知らせと絵本と陶芸

  3. 『ピザを作って・焼いて・食べよう』レポート

  4. 『端午の節句の迎え方』レポート

  5. 10月『フリー見学会&夜のひ』ご来場ありがとうござ…

  6. 芝を張りました