無垢のテーブルと椅子

長年使い込んで味わい深くなるダイニングテーブルと椅子。自然と家族のポジションが決まり、それぞれの目の前に広がる風景から思い出が生まれます。
テーブルに付いた傷一つ一つが愛おしく、楽しく過ごす食卓の風景は、何十年経っても色あせることはありません。

 

思い出を飾る
記憶の棚

家族が長く過ごすリビングに「記憶の棚」を作りました。
子どもたちが描いた絵や散歩で手にした葉っぱや木の実。
思い出を飾ることができる記憶の棚で、心のコミュニケーションが深まります。
棚板は、上棟式に使われる木材で大切に作られています。

 

開放感ある
螺旋階段

鉄製の螺旋階段で吹抜けを演出しています。
キッチンからは階段での移動がよく見え、安心感も生まれます。階段を上がった正面の大きな窓には美しい風景が広がります。
季節を感じ、光を取り入れる。流れる景色を記憶していきます。

 

リネンカーテンの手触り

2階の部屋には自然素材のリネンカーテンを。
やさしく光を取り込み、やわらかく馴染んでいきます。
朝と夜にカーテンに触れることで、手のひらから本物の素材の確かな感覚が記憶されていきます。

 

キッチンで育つ

360度開放されたキッチンは、忙しい毎日でも使い勝手良く調理できるステンレスの広い作業台が備わっています。
子どもも大人も、料理をするときの実験のようなわくわくした気持ちを受け止めてくれるキッチンです。
収納棚のほかに飾り棚も付いていて、お気に入りのキッチン用品や手作りの果実酒を飾り、日々の喜びも愛でることができます。

 

家族の中心
となる絨毯

長い時間を過ごすリビングには、オーダーメイドの手織り絨毯をしつらえます。
家族が時間も場所も共有して過ごせる絨毯は、心地よい質感と厚みで家族を包み、たくさんの思い出が記憶となってが刻まれていきます。
絨毯のデザインは「星空」。家族を星に置き換え、家族の星を配置した世界に一枚だけの絨毯をつくります。

薪ストーブ
から学ぶ

ダイニングには薪ストーブをしつらえました。
揺らぐ炎は私たちを癒やし、ストーブでじっくり煮込む料理はおいしさと暖かさを与えてくれます。ボタン一つで整う現代にはない、自然との暮らしを薪ストーブが教えてくれます。

 

記憶の家は住宅と暮らしの道具が一つになっています。無垢材のテーブル、ダイニングチェア、手織り絨毯、リネンのカーテン…
本物の暮らしの道具に触れる中で、愛着を深め心を育むことができます。