『端午の節句の迎え方』レポート

「子どもたちへ贈る記憶のレシピ」 と、題して
「住宅と暮らしのアトリエ・記憶の家と庭」では、子どもたちのためのWSを開催しています。

4月の「子どもたちへ贈る記憶のレシピ」は、 『端午の節句の迎え方』。

端午の節句は、5月5日ですね。こどもの日でもあります。
ですが、端午の節句とこどもの日は別物ですよ。

端午の節句は、男の子の健やかな成長を祝う日です^^

今回のWSは、「季節の花の太巻きをつくってみよう」でした。
華やかかつ味も重視の太巻き。

季節のお花は、5月にぴったりのバラです。

WSの様子を少しだけご紹介いたします^^
3組のご家族にご参加いただきました。

具材の準備も子どもたちにやってもらいます。

花びらになる薄焼きたまごを作ります。

保育園児とは思えない手際の良さ!

色つきのすし飯も作ります。

お米を潰さずにのばすのが難しかったね!
でも、お母さんの手をほとんど借りずに
(お母さんは手を出したくなる)
挑戦していてとってもえらい!

切るまでどんな形になってるかわからないから
ドキドキわくわく。

ちゃんと花になってるかな~?

大丈夫でした!
素敵な花が咲きました~~^^

料理の技術なんてものは、教えるつもりもないのですが(教えられない)

この体験を通して伝わることがあればいいなと思っています。


野菜の色、お米の香り、海苔の手触り。

いろんなことに気づいた日。

お母さんもいろんなことに気づいた日。
意外とやってみればできちゃうんだね。

ご参加いただいた皆様、
楽しいお時間をありがとうございました。
残念ながら参加出来なかった方、また別の機会に☆彡


子どもたちへ贈る 記憶のレシピ『端午の節句の迎え方』をまとめました。

下記よりダウンロード可能です。
また、記憶の家へ来てくだされば直接お渡しすることも可能ですので、
ふらっと寄っていただければと思います。

関連記事

  1. ゴールデンウイーク中も見学できます

  2. 【雑誌】住まいnet新潟に掲載されています

  3. 【お知らせ】12月の予定

  4. [ WS参加申し込み受付中 ] 子どもたちへ贈る 記憶のレシ…

  5. レモンマドレーヌ作りレポート

  6. 薪ストーブが教えてくれること