左官工事についてご紹介③

左官工事の工程を数回に分けてブログでご紹介。

本日は、『下塗り』。

目地処理後、下塗り材を平滑に塗っていきます。


まずは材料と水を練り合わせます。


下塗りをする理由は、
・ヒビ割れ防止
・きれいに仕上げるため
・水引きを一定にするため
です。


水引きとは、下地が水を吸うこと。
パテ処理をした箇所とボードの箇所では乾く速度が異なり、仕上げに色むらが出てきます。
それを防ぐために下塗りをして水引きを一定にします。


次は仕上げです。

———————————————————

新築完成見学会、開催。
3/5(土)・6(日)
完全予約制
お申込受付中です。

関連記事

  1. 記念樹を植える、明日開催

  2. 記憶の家とは

  3. 庭木の冬支度

  4. 庭の梅を収穫しました

  5. 【越前浜の記憶の家】完成間近

  6. 『ピザを作って・焼いて・食べよう』レポート