塗り壁見学会を開催いたします

日程 1月29日(10:00-15:00)
フリー見学(予約優先)

記憶の家の内壁、天井は漆喰(しっくい)で塗り仕上げています。漆喰は炭酸カルシウムを主原料とし、様々なミネラル(鉱物)などを配合して作られた、天然成分にこだわった塗り壁材です。漆喰には調湿効果があり、その他にも防臭性、防火性もなどの機能を持っており、室内の環境を快適に保ってくれる優れた材料です。また、ひと塗りひと塗り丁寧に塗り仕上げてくれる左官職人さんの手仕事も大事に継承しております。

今回の見学会は、熟練の職人さんが実際に塗り壁を施行しているところを見学できます。
そして、見学いただいた方に漆喰塗りを体験できるように、

①20㎝×20㎝のボードで漆喰アートパネルをつくろう
②木製漆喰フォトフレームをつくろう

2種類のワークショップイベントを用意いたしました。

もちろん漆喰塗りの見学のみでも構いません。
家づくり検討中の方、リフォーム検討中の方、
記憶の家が気になる!しっくいが気になる!方、大歓迎です。

見学及び体験イベント参加ご希望の方はご予約をいただくとスムーズです。


テーマ

三条・帯織で建築中の36坪の家。「愛情が育まれる家」というのがこの家のテーマ。
この家で暮らすことで、命や物を大切にする心、ストーブや薪づくりを通して火を扱う経験や知恵、多くの世代と接し繋がり暮らし、学びと気づきが得られ、その記憶とともに愛情が育まれていきます。

建築中の様子

「この家の未来」

火を起こすことで風が必用なことを知り、肌との適切な距離や付き合い方を学び、炎の揺らぎに、見とれる時間はかけがえないものとなり、燃え尽きた灰に過ぎた時間の記憶を感じる。手のひらで温度を感じ、薪の重みを知り、失敗や成功を繰り返すことで本物を理解する力になっていきます。また、準備上手、段取り上手であることも暮らしを豊かにしていく方法のひとつでもあります。四季は繰り返し巡り、私たちの暮らしも巡っていきます。少し先の季節について想うこてゃ楽しみをより増やすことに繋がり、家の中に良いリズムが生まれていきます。


※現地地図はページ下部にあります。

会場で体感できる こだわり体感ポイントをご紹介

記憶の家は、人が育つ暮らし方から設計された丈夫で長持ちする家です。

間取りや快適さなどの「生活」と、体験や経験を積み重ねる「暮らし」2つの要素で構成されています。
「暮らし」と「生活」 見学ポイントをご紹介

本物の温度を知り、次の季節を想う〉

火を起こすことで風が必用なことを知り、肌との適切な距離や付き合い方を学び、炎の揺らぎに、見とれる時間はかけがえないものとなり、燃え尽きた灰に過ぎた時間の記憶を感じる。手のひらで温度を感じ、薪の重みを知り、失敗や成功を繰り返すことで本物を理解する力になっていきます。また、準備上手、段取り上手であることも暮らしを豊かにしていく方法のひとつでもあります。四季は繰り返し巡り、私たちの暮らしも巡っていきます。少し先の季節について想うこてゃ楽しみをより増やすことに繋がり、家の中に良いリズムが生まれていきます。

三条市帯織の記憶の家を見学してみませんか?


<お問合せ先>
(株)オシア
tel 0256-93-1070
mail contact@ocea-niigata.com
受付時間 / 10:00 – 17:00
火・水曜日 定休

モデルハウス→見学会がおすすめです

記憶の家には、一棟一棟それぞれの物語があります。モデルハウスは記憶の家のコンセプトを表現していますが、実際のお客様の家には、それぞれの暮らしのかたちが融合していきます。モデルハウスでコンセプトを体感した後に、実際に建築中の家を見学して、完成したらわからなくなる構造のことや、立地を踏まえた暮らし方について思いを馳せてみましょう。

記憶の家が気になる!という方へ

「家づくりを考え始めたばかり。」「今はなかなか出かけられない」「まずはどんな家か知りたい!」という方へは資料をお送りしています。以下へお問合せください。

◉資料請求方法
1)電話またはメールでのご請求
以下のお問合せ先へ「資料請求希望」のご連絡をお願いします。
受付後1週間以内に送付いたします。
<お問合せ先>
(株)オシア
tel 0256-93-1070
mail contact@ocea-niigata.com
受付時間 / 10:00 – 17:00
火・水曜日 定休

2)申し込みフォームでのご請求
こちらをクリックしてご請求ください


最後

記憶の家は、何度も見て体験しても、何度も話を聞いて理解しても、その都度その都度新たな発見!があります。「暮らし方から考える家づくり」がどういうことなのか、ぜひ、色々と参加して触れてみて体感していただきたいと思います。スタッフ一同、お待ちしております。

FEATURED POSTS

  1. 寒い日にほかほか肉まんあんまん…

  2. 人日の節句に七草粥を。

  3. 今年もありがとうございました。…